2017-02-09から1日間の記事一覧

マルウェアをメモリに隠す「目に見えない」攻撃手法が登場--140以上の組織が被害に

サイバー犯罪者たちが「目に見えない」攻撃を仕掛けて、組織のネットワークに侵入し、ログイン認証情報や財務データを盗んでいる。彼らの使用しているツールは、合法的なソフトウェアだけだ。 銀行や電気通信事業者、政府機関を含む世界中の140以上の組織が…

Udacityが自動運転車シミュレーターをオープンソース化、Unityで実装されている

自動運転車には、人間の脳に代わって自動車を運転するソフトウェアが必要だ。そこでオンライン教育のUdacityは、その分野のナノ学位(nanodegree)を設けている。その学科の教材の一つとして自動運転車シミュレーターがあるのだけど、同社はこのほどそのシミュ…

小さな目標に向けて1万円から投資できる、ロボアドバイザー「クロエ」がローンチ

youtu.be 投資で資産形成と聞くと、なんとなく難しい印象がして、自分には必要ないと思う人もいるだろう。けれど海外旅行のために貯金しているお金を運用すれば、普通に貯めるよりちょっと早く旅行に必要な金額に近づけるかもしれない(もちろんリスクもある…

Windows デスクトップ版およびMac版「Skype」の旧版が3月1日以降ログイン不能に

米Microsoft Corporation傘下のSkypeは3日(現地時間)、公式ブログ“Skype Blogs”で、Windows デスクトップ版およびMac版「Skype」の旧バージョンが、3月1日以降ログイン不能になることを明らかにした。

Gmail、Windows XPとVistaのサポートを2017年で打ち切り

Googleは1日(米国時間)、2017年内にWindows XPとVistaにおけるGmailのサポート打ち切りを発表した。それに伴い、8日よりv53以前のGoogle Chromeを使用しているユーザーに対してソフトウェアまたはシステム自体の更新を促すバナーが表示される予定だ。

「ダボス会議」で世界のトップリーダーたちが懺悔 「AIの成長が早すぎて超ヤバい。認識が甘かった」

1月17日から20日にかけてスイス・ダボスで開催された世界経済フォーラム、いわゆる「ダボス会議」。イギリスが国民投票でEU離脱を決めた“ブレグジット”や、アメリカのトランプ新政権誕生などで世界が揺らいでいる中、幅広い議題が活発に話し合われたというこ…

人工知能でサイト改善提案「AIアナリスト」の開発元が3.5億円の調達、電通との提携も視野に

youtu.be Google Analyticsをサイトに導入すると訪問数やコンバージョン率など様々なデータが取れる。しかし、情報が多すぎて、具体的にサイトの何をどう改善させたらいいか迷ってしまうこともあるだろう。「WACUL(ワカル)」が提供するウェブサイト分析の…

Node.jsインフラストラクチャの監視ツールKeymetricsが200万ドルを調達

フランスのスタートアップKeymetricsは、Node.jsのインフラストラクチャのための最高の監視ツールを構築するために、Alven CapitalとRuna Capitalから200万ドルを調達した。同スタートアップの創業者兼CEOのAlexandre Strzelewiczは、人気の高いオープンソー…

Uber、NASAの技術者をスカウト―空飛ぶタクシー、Uber Elevate開発に本腰

UberはNASAの先進航空機エンジニアMark Mooreをスカウトした。「空飛ぶ自動車」の開発に本腰を入れるらしい。以前からUberは都市圏での短距離乗客輸送のための小型の垂直離着陸機に対して強い興味を抱いていた。2010年のレポートでもヘリコプターのように運…

岡山発のドローンベンチャー、ドローンデパートメントが数千万円の調達

岡山発のドローンスタートアップ、ドローンデパートメントは第三者割当増資での調達を本日発表した。引受先は、個人投資家千葉功太郎氏とオプティマ・ベンチャーズだ。調達額は非公開だが、数千万円規模という。

100万円超の借入が5分で完了ーN26の新サービス

N26はヨーロッパで1番の先進的な銀行になるべく、最近ものすごいペースでプロダクトの改良を行っており、新機能も多数追加されたほか、サービスを提供している地域も段々と広がってきている。そして新機能はいつも同じ「今あなたが使ってる銀行はダメだ。全…

Twitter、嫌がらせや質の低いツイートなどへの対応強化のために3つの変更実施へ

Twitter Japanは2月8日(日本時間)、嫌がらせや質の低い返信ツイート、センシティブなコンテンツへの対処を強化することを自社のブログで明らかにした。 「Twitterをより安心してご利用いただくために」として、今回加えられる変更は以下の3点となる。