読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeのページリロード時間が前より28%速くなった、そのためのアルゴリズムは単純だ

f:id:lemon-star:20170130235214p:plain

Googleが今日(米国時間1/26)、FacebookおよびMozillaFirefoxブラウザーを作っている団体)との協働の結果、デスクトップとモバイルの両方で、Chromeブラウザーのページリロードが大幅に速くなった、と発表した。

 

Googleのデータによると、Chromeの最新バージョンによるWebサイトのリロードは、約28%速くなった。

ページのリロードは最初期のブラウザーにもあった機能だが、最初のロードでキャッシュにたくわえた画像などのリソースが今でもあるとは限らないので、リロードに際してブラウザーは、Webサーバーに何百回ものリクエストをして、そのことを確認しなければならない。

GoogleのエンジニアTakashi Toyoshimaが今日の発表声明で述べているところによると、ユーザーがページをリロードする動機の多くが、そのページが画面上で壊れていたり、あるいはコンテンツがアップデートされてるかも、と思うからだ。とくに昔のライブブログはアップデートが激しかった。彼の主張では、初期のブラウザーデベロッパーがこの機能を加えたのは、当時は壊れたページが日常茶飯事だったからだ。しかし今のユーザーは、サイトのコンテンツが新しくなってるからリロードする場合が多い。

続きは↓

jp.techcrunch.com